青森の秋!青森の赤色名所を巡る旅

日数
2泊3日
主な交通手段
車・徒歩
シーズン

青森の紅葉とりんごをはじめとする青森の赤色名所スポットを満喫するコースです。

おすすめは紅葉の見頃とりんごが旬を迎える10月~11月!

赤く色付く紅葉を見れ、りんごの収穫体験もできます。

本物のねぶたを鑑賞できるねぶたの家ワ・ラッセや、温かく照らしてくれるひょうたんランプ専門店の奥入瀬ランプ工房など、青森の赤色を堪能しましょう。


Start
1日目
新青森駅から車で約15分

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ダイナミックなねぶたの山車を間近で見てみよう

青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」は、ねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介し、ねぶたのすべてを1年を通して体感することができる施設。


1階の「ねぶたミュージアム・ねぶたホール」は、この施設のメインとなる部分。2階まで吹き抜けになった広大なスペースに、実際に出陣した大型ねぶたを常設展示しています。三味線・笛・ねぶた囃子が流れる中、実物のねぶたに囲まれるので、ねぶた祭の世界にどっぷりと浸ることができます。


2階の「ねぶたミュージアム」では、ねぶた祭の起源や歴史を紹介。ねぶたの制作技術や作風、題材の移り変わりなどを知ることもできます。ねぶたとともに発展してきた街の歴史などを分かりやすく映像や造作物で紹介しています。



◆施設概要

◆ ねぶたミュージアム:ねぶたの起源や歴史、ねぶたとともに発展してきた街の歴史などを分かりやすく映像や造作物で紹介しています。

◆ ねぶたホール:実際にお祭りに出陣したねぶた4台を展示紹介し、本物のねぶたの前でのハネト体験や囃子等の演奏を体験できます。

◆ 交流学習室:囃子の練習をはじめ、ねぶたの面づくりや金魚ねぶた制作教室なども実施。会議・大会・講習会などができる貸室です。

◆ イベントホール:客席180席を有し、三味線等の郷土芸能の発表会や各種市民団体の活動の場としてご利用いただけます。

◆ 情報コーナー:ねぶたの歴史等の学習機能を備えています。

◆ レストラン:青森の良質な食材を活かしたメニューを提供しています。

◆ ショップ:ねぶたグッズや青森の工芸品を販売しています。

住所
青森市安方1丁目1-1 
電話番号
017-752-1311
営業時間
5月~8月
9:00~19:00(最終入場18:30)

9月~4月
9:00~18:00(最終入場17:30)
休業日
8月9日、8月10日(展示ねぶた総入れ替えのため)、12月31日、1月1日
徒歩で約10分

のっけ丼(古川市場・青森魚菜センター)

青森市民の台所、古川市場・青森魚菜センターでは、どんぶりご飯にお好みの具材をのっけて作る「のっけ丼」が味わえます。「ちょっとずつ、たくさんの種類が食べたい」「海鮮とお肉、両方味わいたい」など、自分だけのリクエストが叶えられる究極のわがままどんぶりです。


◆のっけ丼の手順

①食事券を案内所または食事券取扱店から購入。

②オレンジ色の旗のお店でどんぶりご飯に引き換え。

③紺色の旗のお店でお刺身や惣菜・お肉など好きな具材をお好みの量でのせる。

④自分だけのオリジナル丼が完成!場内の休憩所で食べられます。

住所
青森市古川1-11-16
電話番号
017-763-0085
営業時間
7:00~16:00
※お店によって異なります
休業日
毎週火曜日
※GW・8月ねぶた祭り開催期間・お盆・年末年始は変更になる場合あり
車で約1時間

蔦沼

十和田八幡平国立公園内に、「蔦七沼」と呼ばれる沼が点在しています。蔦温泉裏手をスタート地点として、6つの沼を巡る1周2.9kmの「沼めぐりの小路」が整備されています。(※透明度日本第3位を誇る赤沼は蔦沼、鏡沼、月沼をすぎた、コースからは少し外れた地点にあり、これを含めて蔦七沼という)この地区は鳥獣保護区域に指定され、バードウォッチングも楽しめます。

※紅葉期の蔦沼では、混雑緩和・環境保全のため、事前予約制の導入及び協力金の設置等の渋滞対策を行っております。詳細は、十和田市ホームページをご覧ください。

住所
十和田市
電話番号
0176-24-3006
車で約10分

奥入瀬ランプ工房

自分だけの小さな奥入瀬を表現しよう!

「奥入瀬モスボールパーク」敷地内にある「奥入瀬ランプ工房」は、奥入瀬ランプの展示販売や制作体験を行う工房です。

「日本の貴重なコケの森」に認定された奥入瀬渓流で眺められる「苔の造形美」をモチーフに、自家製ひょうたんに穴をあけ、灯りで「小さな奥入瀬」を表現した「奥入瀬ランプ」が人気です。


奥入瀬ランプ制作は、いろんな形のひょうたんから好きなものを選び、きりを使って穴をあけていきます。同じ形のひょうたんや絵柄はふたつとないので、世界にひとつだけのオリジナルランプが完成します!シンプルなデザインですが、大小様々な穴からこぼれ出る灯りは幻想的で素敵です。


ぜひ「奥入瀬ランプ工房」で自分なりの奥入瀬を表現してみましょう。


店内では、ランプを眺めながら奥入瀬コーヒーとアップルパイでのんびりしたり、可愛らしいモスボール(こけ玉)の制作体験も楽しめ、ここにしかにない新感覚のインテリアと出会えるのも楽しみのひとつです。


車で約10分

蔦温泉

「森の時間」が流れる千年の秘湯 

奥入瀬渓流に程近い南八甲田にある蔦温泉は、約千年前から人々に親しまれ続ける秘湯。日本でも大変珍しい湯船の底からぷくぷくと源泉が湧き出してくる「源泉湧き流し」の温泉です。源泉の上に浴槽があり、ブナ材を使用した湯船の底板から源泉が湧き出し、空気に触れていない「生の源泉」を楽しめます。無色透明の湯玉が足元から上がってきて肌にあたるのは、蔦温泉ならではの体験です。二度三度浸かるにつれ、やさしいお湯であることを実感されるでしょう。こじんまりとして古びた雰囲気を残した男女入替制の「久安の湯」と男女別の「泉響の湯」、そして現地予約制の貸切風呂があります。


蔦七沼まで徒歩約5分、奥入瀬渓流までは車で約20分、八甲田ロープウェイまでは車で約40分。新緑や紅葉はもちろん、神秘的な自然美を楽しめます。四季折々に彩られるブナの森を歩き、水辺に遊び、温もりある佇まいの宿に逗留してみませんか。

住所
十和田市奥瀬字蔦野湯1
電話番号
0176-74-2311
営業時間
【日帰り入浴】
10:00~16:00(15:30受付終了)
2日目
車で約30分

八甲田ロープウェー

大自然の絶景美。雄大な山々の眺望は迫力満点

八甲田(八甲田連峰)の雄大な自然を楽しめる八甲田ロープウェーは、春の新緑、夏の高山植物、秋の紅葉、冬の樹氷など、季節ごとに移りゆく絶景を楽しめます。新緑は 5月中旬、サマースキーは8月、紅葉は9月下旬~10月中旬、ウィンタースキーは11月下旬~5月中旬、樹氷は1月~2月下旬が、例年のオンシーズンです。

天候に恵まれれば、青森市街地や陸奥湾、津軽半島、下北半島、岩木山などを見渡すこともできます。

年間を通じて運行されており、片道約10分で田茂萢岳(たもやつだけ)の山頂公園駅に到着。一帯は池や沼などが散在しており、高山植物の一大宝庫。気軽に楽しめる30分程度の散策コースから約4時間の登山コースまで、いくつかある山歩きルートから好みのものをチョイスできます。


◆散策コース

八甲田ロープウェー山頂駅公園のある田茂萢岳一帯は、10指に余る池や沼が散在し、高山植物の一大宝庫となっているところで、八甲田山で最もすばらしい一つに数えられているところです。

この雄大な大自然を散策する道路が、ひょうたん型をしているところからゴードラインという名で呼ばれているもので、コースが整備されていますので、老若男女を問わずどなたでも気楽に散策できます。

・Aコース/約30分所要(約1.0㎞)

・Bコース/約60分所要(約1.8㎞)


◆毛無パラダイスライン ※手軽に楽しめるハイキングコース

・山頂公園駅-約60分→上(第二)毛無岱入り口-約30分→下(第一)毛無岱出口-約60分→酸ヶ湯・城ヶ倉【約2時間30分】

・酸ヶ湯・城ヶ倉-約60分→下(第一)毛無岱出口-約40分→上(第二)毛無岱入り口-約80分→山頂公園駅【約3時間】


◆大岳登山コース ※一般の登山道路でズック靴・登山靴が必要

・山頂公園駅-約70分→赤倉岳-約20分→井戸岳-約60分→大岳-約90分→酸ヶ湯【約4時間】

・酸ヶ湯-約110分→大岳-約50分→赤倉岳-約50分→山頂公園駅【3時間30分】



住所
青森市荒川寒水沢1-12
電話番号
017-764-5507
車で約10分

城ケ倉大橋

パノラマの絶景!日本一長い上路式アーチ橋

「十和田八幡平国立公園」内にある城ヶ倉大橋。全長360メートル、アーチ支間長255メートルの日本一の上路式アーチ橋となっており、その橋の上からの眺めは圧巻の一言。


橋からは八甲田連峰や青森市街、岩木山を望むことができる他、豊かな自然が残る城ヶ倉渓流を眼下に見下ろすことができます。橋の両端には駐車スペースとちょっとした休憩所があり、車を降りて景色を楽しむことができます。


夏の新緑、冬の雪景色と四季を通じて八甲田山の美しい景色を楽しむことができますが、特に紅葉の見頃には、赤や黄色に色づいた山々の大パノラマを楽しむことができ、撮影スポットとして多くの人が訪れます。

住所
青森市荒川南荒川山
電話番号
017-728-0200
車で約20分

中野もみじ山

彩り鮮やかな紅葉に心はずむ

青森県の中でも有数の紅葉の名所「中野もみじ山」。樹齢100年を超える約130本ものもみじが織りなす彩り豊かな紅葉は、ため息が出そうなほどの絶景です。


1802年、弘前藩主の津軽寧親公(やすちか)が100種類以上の楓の苗を京都から取り寄せ、移植したのが中野もみじ山の始まりと言われています。

林の中には津軽三不動尊のひとつ中野神社があり、紅葉に包まれるその姿は神秘的な美しさを放っています。神社の境内には、樹齢200年のもみじをはじめ、樹齢600年の大杉が昭和58年に市の天然記念物に指定され保護されているほか、樹齢200年を超える対のもみの木が県の天然記念物に指定されています。


赤い橋から見える不動の滝と見事な紅葉、そして情緒溢れる中野神社と大杉など、どこから見ても幻想的で美しい中野もみじ山。この秋、燃えるように鮮やかな絶景を見に行きませんか。

住所
黒石市南中野字不動舘27
電話番号
0172-52-2111
車で約5分

温湯温泉

400年以上の歴史を持つ黒石温泉郷のなかで、最も歴史が古く、町の随所にその面影を残しています。ぬくもり、風情あるたたずまいを見せています。津軽系伝統こけし(温湯こけし)の発祥の地として有名です。

住所
黒石市温湯
電話番号
0172-52-3488
営業時間
各施設により異なります。
休業日
各施設により異なります。
3日目
車で約15分

手作り雑貨体験工房IRODORI

世界にひとつ、「ねぷた絵」のうちわ・灯ろうづくり

「日本の道百選」のひとつにも選ばれ、江戸時代に造られた伝統的建造物が残る黒石の中町こみせ通り。その一角にたたずむ「手作り雑貨体験工房IRODORI」。実際に黒石ねぷたまつりで使用した「ねぷた絵」を再利用し、うちわや灯ろうの制作体験や販売を行う工房です。


うちわの制作は、巨大なねぷた絵から好きな部分を選び、うちわの型を合わせて切り取ります。同じ図柄はふたつとないので、自分だけの、世界にひとつだけのうちわが完成します!ねぷた絵から切り分けられた四角いパーツを選んで組み合わせていく灯ろうは、伝統的な色や柄が並び、より一層特別感が高まります。


新たな命が吹き込まれる制作体験をぜひ「IRODORI」で味わってみてください。


店内には、青森の作家が作る津軽ならではの雑貨も多数並びます。「りんごこけし」「はとぶエッ!」をはじめとした「ネオ郷土玩具」など、ここにしかない品と出会えるのも楽しみのひとつです。


ねぷた灯ろう製作体験の事前予約は下記サイトからどうぞ♪

体験する|津軽なび (tsugarunavi.jp) 

住所
黒石市中町38
電話番号
0172-55-6188
営業時間
11:00~15:00、(土日祝)10:00~16:00
休業日
火曜日
徒歩で約5分

黒石つゆやきそば

「黒石つゆやきそば」は、昭和30年代後半、黒石市中郷地区にあった「美満寿」で、黒石独自の太平麺で作られた「黒石やきそば」に、つゆをかけたのが始まりだと言われています。その後「黒石つゆやきそば」は、B級ご当地グルメの定番メニューとして定着し、全国的にも有名になってきました。現在、黒石には、「黒石やきそば・黒石つゆやきそば」を扱う店舗が70店舗以上あり、各店舗によって、味も外見も様々です。是非一度黒石市に足を運び、個性あふれる黒石の味、昔から愛され続けている懐かしの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所
黒石市
電話番号
0172-52-4316
車で約20分

道の駅なみおか「アップルヒル」

もぎ取り体験ができる!りんごが自慢の道の駅

青森~弘前間のほぼ中間地点、国道7号線沿いにある道の駅。青森空港や浪岡ICからも近く、ドライブ中の休憩スポットとして便利です。


りんご生産日本一の町にあるこの道の駅には「観光りんご園」もあり、9~11月上旬の収穫の時期にはりんごもぎ取り体験ができます。それ以外にも、春はりんご花まつり、冬は雪見りんごと、年間を通して楽しめるさまざまなイベントが開催されます。

春には、冬の間雪室で貯蔵した「雪むろりんご」を販売。瑞々しく甘味も増したりんごを求めて毎年多くのお客様で賑わいます。


レストランは、地場食材を使ったメニューが豊富。他にも、地場米「つがるロマン」の玄米が練り込まれている「玄米そば」が味わえるそば処や、手作り豆腐や大豆を使ったヘルシー総菜が人気の「豆や」など、特徴あるお店がたくさん。


おみやげコーナーでは青森県の定番のお土産品はもちろん、北海道や沖縄の特産品まで揃う驚きのラインナップ。手作りのアップルパイやジェラートなどのオリジナルスイーツも大人気。県産牛乳を使用した濃厚でまろやかなジェラートは、これを目当てに訪れる人がいるほど。定番から季節の味まで種類も豊富に揃っているので、選ぶのも楽しみのひとつ。


丘の上にある大きな百人テーブルからは、浪岡が一望できる最高のロケーション。お食事に、買い物に、休憩に、ぜひ立ち寄ってみてください。

住所
青森市浪岡大字女鹿沢字野尻2-3
電話番号
0172-62-1170
営業時間
◆おみやげコーナー
3月16日~11月15日 9:00~19:00
11月16日~3月15日 9:00~18:00

◆産地直売施設「浪岡アップル友の会」
4月~11月 8:00~18:00
12月~3月 8:00~17:00

◆レストラン 
11:00~16:00 (オーダーストップ 15:30)

◆立ち食いそば処「道草庵」
3月16日~11月15日 7:00~19:00(オーダーストップ 18:45)
11月16日~3月15日 7:00~18:00(オーダーストップ 17:45)

◆豆や
3月16日~11月15日 7:00~17:30
11月16日~3月15日 7:00~16:30

◆JAフルーツショップ
4月~10月 9:00~18:00
11月~3月 9:00~17:00

◆こみせ横丁
3月16日~11月15日 9:00~18:00
11月16日~3月15日 9:00~17:00

◆アップルヒル観光りんご園(8名以上の団体様・要予約)
開園期間:9月中旬~11月上旬
休業日
1月1日
◆産地直売施設「浪岡アップル友の会」年1回臨時休業あり
車で約30分、新青森駅へ
Goal

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

青森の秘境!ランプの宿「青荷温泉」でデジタルデトックス
青森の秘境!ランプの宿「青荷温泉」でデジタルデトックス
more
一度は行きたい津軽の人気観光地3選!「立佞武多の館」・「鶴の舞橋」・「高山稲荷神社」
一度は行きたい津軽の人気観光地3選!「立佞武多の館」・「鶴の舞橋」・「高山稲荷神社」
more
五能線の旅~日本海の絶景とグルメでパワーチャージ!~
五能線の旅~日本海の絶景とグルメでパワーチャージ!~
more
「八甲田・奥入瀬渓流・十和田湖」満喫コース
「八甲田・奥入瀬渓流・十和田湖」満喫コース
more
津軽のいいとこ満喫コース
津軽のいいとこ満喫コース
more
津軽半島の絶景を巡るドライブコース
津軽半島の絶景を巡るドライブコース
more
【サイクリングコース 十和田・奥入瀬】千変万化にうつろう渓流を抜け、神秘の湖へ
【サイクリングコース 十和田・奥入瀬】千変万化にうつろう渓流を抜け、神秘の湖へ
more
奥入瀬渓流と十和田湖の優しい自然に癒される旅
奥入瀬渓流と十和田湖の優しい自然に癒される旅
more
下北半島をぐるっとドライブ!大間のマグロを食べに行こう!
下北半島をぐるっとドライブ!大間のマグロを食べに行こう!
more
青森の王道! りんごとねぶたを堪能コース
青森の王道! りんごとねぶたを堪能コース
more
ページトップへ