太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)

だざいおさむそかいのいえ(きゅうつしまけしんざしき)

戦禍を逃れ身を寄せた新座敷 太宰が過ごした時間を共に。

太宰の長兄・文治が1922年(大正11年)の結婚を機に新築し、津島家では新座敷と呼ばれていました。1945年(昭和20年)7月末から1946年(昭和21年)11月12日まで太宰が東京・甲府の戦禍から逃れ、妻子を連れ故郷に身を寄せた場所とされています。太宰は、新座敷に暮らしていた1年4ヶ月の間に23もの作品を書き上げており、文豪デビュー後に居宅としていた建物では唯一現存する邸宅です。

基本情報

住所
青森県五所川原市金木町朝日山317-9
問い合わせ先
太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)
電話番号
0173-52-3063
営業時間
9:00~17:00
休業日
第1、第3水曜日
料金
大人500円、小中学生250円
アクセス
●津軽鉄道金木駅より徒歩約5分
●五所川原駅より車で約20分
●青森空港より車で約50分
駐車場
あり
ウェブサイト
https://hsmoji.wixsite.com/dazaihttps://www.facebook.com/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB%E7%96%8E%E9%96%8B%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%A7%E6%B4%A5%E5%B3%B6%E5%AE%B6%E6%96%B0%E5%BA%A7%E6%95%B7-244181545694349/?ref=bookmarkshttps://twitter.com/dazais

このスポットに行くモデルコース

太宰ゆかりの地 「津軽」を歩く
太宰ゆかりの地 「津軽」を歩く
more

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

太宰治記念館「斜陽館」
太宰治記念館「斜陽館」
more
金木観光物産館「産直メロス」
金木観光物産館「産直メロス」
more
雲祥寺
雲祥寺
more
津軽三味線会館
津軽三味線会館
more

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光連盟提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ
告知

【青森県観光国際戦略局からのお知らせ】

令和4年8月9日現在、青森県では、猛烈な雨が断続的に降り続いており、土砂災害や浸水害、洪水害の危険度が急激に高まっていますので、厳重に警戒してください。また、各地域で警報・注意報が発令されております。詳しくは「あおもり防災ポータル」をご覧ください。

あおもり防災ポータル
告知

【青森県観光国際戦略局からのお知らせ】

令和4年8月9日現在、大雨の影響により一部で通行止めが発生しております。詳しくは「青森みち情報」をご覧ください。

青森県道路情報サイト「青森みち情報」