重要文化財 高橋家住宅

じゅうようぶんかざい たかはしけじゅうたく

宝暦年間(1751年~1763年)に建設され、築270年以上経過している建物です。高橋家の当主は代々「理右衛門」を名乗り、藩政時代は黒石藩御用達の米問屋でした。主に米を扱っていたことから屋号は「米屋」といい、米だけでなく味噌や塩、油、薬などの販売・製造もしていたといわれています。

現在は、高橋家14代当主の高橋幸江さんが喫茶店を営んでおり、天気の良い日は庭園でお茶をいただくことができます。井戸から汲んだ水でいれたおいしいコーヒー、手作りのあんみつが大人気です。

基本情報

住所
青森県黒石市中町38(こみせ通り)
問い合わせ先
黒石観光協会
電話番号
0172-52-3488
休業日
不定休
11月下旬~4月中旬
アクセス
弘南鉄道黒石駅より徒歩約10分
ウェブサイト
黒石市ホームページ

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

中町 こみせ通り
中町 こみせ通り
more
黒石こみせまつり
黒石こみせまつり
more
手作り雑貨体験工房IRODORI
手作り雑貨体験工房IRODORI
more
横町 かぐじ広場
横町 かぐじ広場
more

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光連盟提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ