櫛引八幡宮

くしひきはちまんぐう

800年以上の歴史を感じる南部藩の総鎮守。国宝の鎧は必見!

南部一之宮・櫛引八幡宮は、南部氏初代光行公によって創建されたと伝えられ、800年以上の歴史をもつ由緒ある神社。南部藩の総鎮守として、古くから多くの信仰を集めています。

境内は樹齢数百年という杉木立に囲まれ、静かで荘厳な雰囲気。江戸時代前期の社殿形式を伝える貴重な遺構として、国の重要文化財に指定された本殿をはじめ、多くの貴重な建築物や装飾がみられます。


国宝館には、「菊一文字の鎧兜」として有名な国宝・赤糸威鎧(あかいとおどしよろい)や、国宝・白糸威褄取鎧(しろいとおどしつまどりよろい)をはじめとする多数の文化財が収蔵・展示されています。


また明治14年(1882年)に完成し、明治天皇の東北御巡幸行在所として用いられた八戸小学講堂が「明治記念館」として境内に移築されており、県内に現存する最古の洋風建築として知られています。

エリア
八戸市
南部
カテゴリー
歴史・文化
神社
旅のテーマ
パワースポットめぐり

基本情報

住所
青森県八戸市八幡字八幡丁3
問い合わせ先
櫛引八幡宮
電話番号
0178-27-3053
営業時間
国宝館9:00~17:00
休業日
無休
料金
国宝館入館料:大人/400円、中・高校生/300円、小学生/200円、幼児無料
アクセス
JR八戸駅より車で約10分
バス:南部バス「櫛引八幡宮前」下車
駐車場
大型駐車場完備
ウェブサイト
公式サイトFacebookTwitter

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

ユートリー
ユートリー
more
はちのへ総合観光プラザ
はちのへ総合観光プラザ
more
史跡根城の広場
史跡根城の広場
more
八戸市博物館
八戸市博物館
more

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光連盟提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ