天満宮

てんまんぐう

​「津軽一代様」のひとつ 卯の守り本尊​

西茂森町の天満宮は、領内修験(山伏)の蝕頭を勤めてきた大行院のあったところです。明治5年(1872)、修行廃止の命令が出て、大行院が廃止となり、急きょ愛宕山橋雲寺(岩木町)から菅原天神を移建して天満宮としたそうです。この時境内にあった岩木神社をも合祀し、天満宮は茂森町一帯の鎮守となり、今日に至っています。

エリア
弘前市
津軽
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
青森県弘前市西茂森1丁目1-34
電話番号
0172-32-5796

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

藤田記念庭園
藤田記念庭園
more
津軽こぎん刺し体験 弘前こぎん研究所
津軽こぎん刺し体験 弘前こぎん研究所
more
弘前市立博物館
弘前市立博物館
more
冬に咲くさくらライトアップ
冬に咲くさくらライトアップ
more

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光国際交流機構提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ