旧野村家住宅離れ「行在所」

きゅうのむらけじゅうたくはなれ あんざいしょ

明治天皇の行幸があるという噂を耳にした野辺地町の豪商野村治三郎が私財を投じて建築した住宅であり、明治14年に東北・北海道ご巡幸の際、行在所として使用されたが、明治23年の大火により消失。現在の建物はほどなく同一設計により再建された建物であるが、庭園と一体化した数奇屋風住宅は近代建築技術が導入される以前の青森県の建築を知る上で貴重な建築物であると言われている。

基本情報

住所
青森県上北郡野辺地町字野辺地123-1
問い合わせ先
野辺地町立歴史民俗資料館
電話番号
0175-64-9494
営業時間
9:00~16:30
※時間内はご自由に見学ください。
休業日
冬期間⁽12月~3月⁾は閉鎖
駐車場
野辺地町役場駐車場をご利用ください⁽大型バスで来場される際は要問合せ⁾

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

のへじ祗園まつり
のへじ祗園まつり
more
野辺地町立歴史民俗資料館
野辺地町立歴史民俗資料館
more
愛宕公園
愛宕公園
more
常夜燈公園
常夜燈公園
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

フォレストピア階上
フォレストピア階上
詳細はこちら
野辺地海浜公園(十符ヶ浦海水浴場)
野辺地海浜公園(十符ヶ浦海水浴場)
詳細はこちら

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光国際交流機構提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ