• HOME
  • 特集
  • 初夏に楽しむフルーツ狩り、話題の「ジュノハート」

初夏に楽しむフルーツ狩り、話題の「ジュノハート」

ハート型の果実にキュン!さくらんぼ狩り

初夏に楽しむフルーツ狩り、話題の「ジュノハート」

青森県南部町はフルーツの栽培が盛んな町です。さくらんぼはもちろん、桃やりんご、柿、梨なども栽培されるフルーツの町として知られています。


南部町にある28箇所のさくらんぼ農園では、旬の時期を迎えるとさくらんぼ狩りの受け入れをしています。今回訪問したのは、さくらんぼ園「蹴揚(けあげ)農園」。園主の蹴揚さんに農園を案内していただきながら、さくらんぼ狩りを体験しました。

蹴揚農園では「佐藤錦(さとうにしき)」や「サミット」を始め、大粒品種の「紅秀峰(べにしゅうほう)」や話題の「ジュノハート」など、10種類ほどのさくらんぼを栽培しています。スーパーなどではなかなか見かけない黄色いさくらんぼ「月山錦(がっさんにしき)」もありました。

天井の高いハウスのなかにあるさくらんぼの木。その一つ一つに、数えきれないほどのさくらんぼの果実が実っています。子どもでも手が届くような場所にもさくらんぼが実っているので、脚立要らずでさくらんぼ狩りが可能です。

早速手が届く場所から摘み取って食べてみると、フレッシュなさくらんぼの甘みが口のなかに広がります。もぎたてをそのままぱくっと食べられるのがさくらんぼ狩りのいいところです。

最近では大玉で果肉の厚い品種が人気だそうで、紅秀峰やジュノハートは口に入れたときの食べ応えが違いました。少しずつ味の特長が異なるさくらんぼを食べ比べできるのはなんとも贅沢です。

ジュノハートは、国産品種のなかでの最大級の粒の大きさで、果実がハート形をしている甘味の強いさくらんぼ。その糖度は20度以上と言われています。

美しいつやとハリのあるジュノハート。手のひらに載せて佐藤錦と比べてみると、その差は一目瞭然です!

傷みやすくデリケートな果物だからこそ、新鮮な状態を食べ放題のさくらんぼ狩りは魅力的。

各さくらんぼ園では、さくらんぼの発送や直売もおこなっています。旬を迎えたさくらんぼはギフトにも喜ばれそうです。


さくらんぼの品種によって収穫時期が異なるため、お目当ての品種がある場合は事前に問い合わせて旅の予定を立てるのがよさそうです。ながわ観光案内所へ問い合わせをすれば、希望に合わせてさくらんぼ園を紹介してくれますよ。

旅人メモ:さくらんぼ狩り

【基本情報】

 ◆時期:6月中旬~7月中旬(その年によって状況が異なります)

 ◆体験時間:40分食べ放題

 ◆TEL:0178-76-3020(ながわ農業観光案内所)

 ※詳しくはこちらをご確認ください。

 ※ながわ農業観光案内所へ問い合わせると、その時期に収穫体験できる農園や、希望の品種を栽培している農園を紹介してもらえます。まずはお問い合わせすることをおすすめします。

旅人メモ:さくらんぼ狩り

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

半世紀に渡る伝統の味を未来に紡ぐ。青森市民のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」
more
五感を刺激する青森アート旅
more
ひまわり畑とアートが心を潤す、夏の八戸旅
more
種差海岸の絶景をめぐる旅
more
おとな女子必見!伝統とセンスが光る青森雑貨
more
霊場恐山で地獄と極楽を歩く
more
りんご七変化
more
心ときめく青の絶景をもとめて
more
冬の青森県で、ココロの美白、しませんか。
more
青森冬物語
more
ページトップへ