尻屋崎

しりやざき

最果ての地に建つ白亜の灯台と寒立馬

本州最北東端の岬。最果ての地といった風情が漂います。風が強く、かつて昔は多くの船舶が座礁・遭難して「海の墓場」と呼ばれていたそう。岬の先端に建つ尻屋埼灯台(しりやさきとうだい)は、120年以上の歴史があり、レンガ造りの灯台としては日本一の高さを誇ります。128段の階段を上ると津軽海峡と太平洋を一望できます。


尻屋崎周辺の牧草地には寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されています。寒立馬は、寒気と粗食に耐え持久力に富む農用馬として重用されてきましたが、時代の移り変わりと共に激減。しかし、その後の保護政策により現在は30頭ほどに回復しています。4月~6月頃が寒立馬の出産シーズンなので、運が良ければ生まれたばかりの仔馬に出会えるかも?しれません。

尻屋崎周辺が閉鎖される1月~3月は、アタカと呼ばれる放牧地で毎日を過ごします。

寒立馬はゲートで仕切られた牧草地でのんびりと過ごしているため、少し離れたところから見守りましょう。


【寒立馬の生い立ち】

東通村の海岸地帯には、南部藩政時代から田名部馬と呼ばれる比較的小柄で寒気と粗食に耐え、持久力に富んだ馬が「四季置付」と称し周年放牧されていました。

これらは、南部馬を祖とし、藩政時代から明治、大正、昭和に亘って主として軍用馬として外来種との交配によって改良されてきた田名部馬であり、なかでも、尻屋地区ではこの田名部馬をブルトン種と交配することにより独自の農用馬(肉用馬)として改良してきました。

エリア
下北
東通村
カテゴリー
自然・景勝
海岸・岬・島
旅のテーマ
あおもり×夏

基本情報

住所
青森県下北郡東通村
問い合わせ先
商工観光課
電話番号
0175-27-2111
営業時間
【4月1日~4月30日】
8:00~15:45
【5月1日~11月30日
7:00~16:45
休業日
冬期間(12月1日~3月31日)閉鎖
料金
尻屋埼灯台 参観料
 200円(中学生以上)
アクセス
むつバスターミナルより下北交通バス尻屋線に乗車、尻屋崎下車(所要時間約1時間)
※バス運行期間5月1日~10月31日
ウェブサイト
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1120413-d1385279-Reviews-Shiriyazaki-Higashidori_mura_Shimokita_gun_Aomori_Prefecture_Tohoku.html

このスポットに行くモデルコース

馬好き必見!青森の馬に会いに行こう
馬好き必見!青森の馬に会いに行こう
more

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

尻屋埼灯台
尻屋埼灯台
more
野牛川レストハウス
野牛川レストハウス
more
猿ヶ森ヒバ埋没林
猿ヶ森ヒバ埋没林
more

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光連盟提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ