不識塔(つかさの塔)

つかさのとう

斉藤主(つかさ)川原平開拓記念として明治45年に起工、大正元年に完成しました。高さ20.8m、総レンガ造りの塔の基底部には、大正8年に没した斉藤主の遺言で、その遺体が永久保存処置の上で埋葬されていましたが、昭和55年に遺族によって弘前市内の寺に移されました。

エリア
西目屋村
津軽
カテゴリー
観光施設
歴史・文化

基本情報

住所
青森県中津軽郡西目屋村大字川原平字大川添
問い合わせ先
西目屋村役場 ?0172-85-2111

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

目屋渓谷
目屋渓谷
more
アクアグリーンビレッジANMON
アクアグリーンビレッジANMON
more
津軽峠
津軽峠
more
暗門の滝
暗門の滝
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

浅瀬石川ダム
浅瀬石川ダム
詳細はこちら

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光国際交流機構提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ