南部裂織

なんぶさきおり

木綿糸を縦糸に、古布を細く裂いたものを横糸にして織り上げる南部裂織は、昔、貴重な布を大事に使う中で生まれたものです。現在はそのカラフルなデザイン性を生かして、手さげ袋や小物入れ等が作られています。また、東北新幹線「七戸十和田駅」のコンコースには、南部裂織で八甲田連峰をデザインした大型のタペストリーが飾られており、お客様のお迎えをします。

基本情報

住所
青森県上北郡七戸町
問い合わせ先
(株)七戸物産協会 (道の駅しちのへ) TEL 0176-62-5777 FAX 0176-62-5779

このスポットの近くには、
こんなスポットがあります

道の駅しちのへ「七戸町文化村」
道の駅しちのへ「七戸町文化村」
more
小絵馬と羽子板
小絵馬と羽子板
more
七戸町立鷹山宇一記念美術館
七戸町立鷹山宇一記念美術館
more
しちのへ秋祭り山車展示館
しちのへ秋祭り山車展示館
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

八食センター
八食センター
詳細はこちら

青森県の体験を予約する

タクシープラン・
体験プランの予約
青森県観光国際交流機構提供
more
体験プランの予約
じゃらん提供
more

このスポット周辺の宿を予約する

宿・ホテルの予約
人気サイトの宿泊プランを一括比較
more more
ページトップへ