• HOME
  • 特集
  • 旅の疲れを癒す足湯スポット5選

旅の疲れを癒す足湯スポット5選

PICK UP

旅の疲れを癒す足湯スポット5選

青森県内には多数の温泉郷があり、それぞれの地方の歴史とともに繁栄してきました。

温泉郷には、気軽に源泉を楽しめる足湯が設置されています。

県内の足湯スポットと、その楽しみ方をご案内します。


青森市浅虫の浅虫源泉公園

青森市浅虫は青森の奥座敷ともいわれ、昔ながらの温泉地として全国に知られています。浅虫源泉公園は、浅虫温泉駅から山手に向かって住宅街を少し入ったところにあり、源泉公園の奥には「つるの湯」という銭湯もあります。

足湯は、源泉が供給されているためちょっと熱めのお湯。源泉公園は、足湯、温泉卵づくり、飲泉の3つを同時に楽しめるスポットとなっていて、温泉卵を作りに地元の方も訪れるそうです。また、飲泉ができるのは県内でも珍しいんですよ。


浅虫には源泉公園のほかに2か所の足湯があります。すべて浅虫温泉駅から歩いて回れる距離なので、足湯巡りも楽しめそうです。

黒石市の津軽伝承工芸館

黒石市には、黒石温泉郷と呼ばれる「温湯(ぬるゆ)」「落合」「板留」「青荷(あおに)」という4つの温泉郷があり、歴史ある湯治場として栄えてきました。そんな温泉郷の面影を感じることができる足湯が、津軽伝承工芸館の中にあります。

津軽伝承工芸館の足湯は、近隣の落合温泉から引いた源泉掛け流し。落合温泉郷は黒石の奥座敷とも呼ばれていて、熱々のお湯で有名です。

黒石市には伝統工芸品である津軽こけしがあり、かつて東北地方へ来た湯治客たちが、身体が回復した際に縁起物としてお土産にこけしを持ち帰っていたそうです。足湯で心ゆくまで温まったら、津軽こけしの聖地とも言われる津軽伝承工芸館でお気に入りの津軽こけしを探してみてはいかがですか。


大鰐町駅前おもてなし足湯

大鰐温泉は、津軽藩の湯治場として利用されていた歴史の古い温泉で、始まりは800年以上前といわれています。

大鰐町には町内に3か所の足湯があり、そのうちの1か所である駅前おもてなし足湯は、大鰐温泉駅を出るとすぐ目の前にあります。3か所のなかで温度が一番高いのが駅前おもてなし足湯で、高温が好きな方におすすめの足湯です。

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫黄塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)という泉質で、保温効果があるため湯冷めしにくく、肌にやさしい泉質です。


歴史ある大鰐温泉らしく、暖簾が掛かったすてきな外観。1年中オープンしていて、駅前にある土産店でタオルも購入できるので、電車で訪れた観光客でも気軽に利用できます。


また、大鰐温泉の温泉熱と温泉水のみを使用して栽培される「大鰐温泉もやし」は、大鰐町に古くから伝わる津軽伝統野菜のひとつ。土で栽培されるために独特の芳香とうまみが凝縮された大鰐温泉もやしを、ぜひ味わってみてください。


むつ市大畑地区 奥薬研温泉夫婦かっぱの湯

むつ市大畑地区の奥薬研温泉には、古くから伝わる「かっぱの湯伝説」というものがあり、その伝説にちなんで作られたのが「元祖かっぱの湯」「夫婦かっぱの湯」です。徒歩5分程度で行き来できる距離にある2つの露天風呂ですが、それぞれが渓流沿いに作られていて、天然温泉掛け流し。実は、四季の木々と渓流を眺めることができるのは、県内の露天風呂の中で唯一、この2つの露天風呂なのだそうです。


「夫婦かっぱの湯」のみ有料で、奥薬研修景公園レストハウス内の通路から入ることができます。この露天風呂に浸かるために、県外からも多くの観光客が立ち寄る、まさに秘境の温泉。


足湯が併設されているのは「夫婦かっぱの湯」の方で、足湯からは渓流は見えませんが、周囲の自然が迫ってくるようなすばらしい景色です。聴こえるのは、鳥の鳴き声や木々のざわめき…なんとも癒されます。足湯は広々とした造りになっていて、まるで露天風呂の湯船のよう。湯船の中には手すりもあり、足腰に不安のある方でも安心です。

通年で入ることができるので、秋には紅葉、冬には雪景色に変わる景色の移ろいも楽しめそうです。


<おまけ> 八甲田のまんじゅうふかし

手軽に温泉を楽しめる足湯ですが、実は足湯のほかにもぽかぽかに温まることができるスポットがあるんです。


青森市の八甲田にある酸ヶ湯温泉は、毎年積雪が全国ニュースになる豪雪地帯。酸ヶ湯温泉を通過してさらに奥に上るとあるのが「地獄沼」「賽の河原」、その近くに「まんじゅうふかし」と書かれた東屋があります。

ここにあるのは、ふかし湯というもの。この辺りは温泉が噴出していて、熱湯や熱い蒸気が噴き出しています。


設置されている箱型の青森ヒバのベンチに座ると、ぬくぬくとしたちょうどよい温かさが伝わってきます。ベンチの地下からは蒸気が噴き出しているため、服を着たまま腰掛けるだけでおしりからじんわり温まることができます。冷え込んでいるときには、ベンチの下から湯気が立ち上っていることも。婦人病や冷え性、腰痛などに効果があるそうですよ。



今回ご紹介したのは気軽に立ち寄れる足湯スポットですが、県内にはさまざまな泉質の温泉がたくさんあります。気に入った足湯がありましたら、次はぜひ温泉も満喫してみてくださいね。


設置されている箱型の青森ヒバのベンチに座ると、ぬくぬくとしたちょうどよい温かさが伝わってきます。ベンチの地下からは蒸気が噴き出しているため、服を着たまま腰掛けるだけでおしりからじんわり温まることができます。冷え込んでいるときには、ベンチの下から湯気が立ち上っていることも。おしり婦人病や冷え性、腰痛などに効果があるそうですよ。



今回ご紹介したのは気軽に立ち寄れる足湯スポットですが、県内にはさまざまな泉質の温泉がたくさんあります。気に入った足湯がありましたら、次はぜひ温泉も満喫してみてくださいね。

  • 浅虫源泉公園
  • 津軽伝承工芸館
  • 大鰐町 駅前おもてなし足湯
  • 奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯
  • 八甲田山 まんじゅうふかし

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

青森だからこそ出会える。心ときめく眺望スポット5選
more
自然たっぷり。英気に満ちる青森のパワースポットを巡る
more
りんごの街弘前。個性豊かなアップルパイを食べ比べ
more
ページトップへ